メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

多様な用途のある透明封筒

ビニール封筒の特徴はいろいろありますが、ビニール封筒は何といっても透明度が高く光沢に優れているところが一番の特徴でしょう。

透明度が高いということは中に入れた書類や商品が何かをすぐに判別できるということになるので、書類や商品の仕分けを容易にできるようになります。

さらにビニール封筒は商品を販売する時の包装用の袋としても利用できるし、書類を送る際の封筒として使うこともできるため、その用途は数多くあります。


このようにビニール封筒は透明度が高いのが特徴ですが、製造して月日が経てばだんだん劣化してきて曇りや変色が発生するので、その点には十分に注意して、あまり在庫を抱えないようにした方がいいでしょう。

またビニール封筒は丈夫ではないと思っている人も少なくはないと思いますが、ビニール封筒というのはコシがあり引っ張りや引き裂きの強度に優れているのが特徴で、少々の力で引き裂こうとしても簡単に破くことはできないようになっています。

ビニール封筒にはパリパリとしてほとんど伸びないものと、引っ張れば伸びるタイプのものがあるので、用途によって使い分けることをおすすめします。

最近ではCDやDVDを包装する袋としてもビニール封筒は使用されていますが、これはパリパリとしたタイプのもので、CDやDVDを中に入れている状態だと、カッターなどの刃物を使用しない限りは簡単に破くことはできなくなっています。

ビニール封筒は防水性や防湿性にも優れているのも特徴で、多少の雨や水がかかってもその状態を長くキープすることができるようになっています。