メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

ビニール封筒を使うメリット

ビニール封筒を使うメリットはいろいろありますが、ビニール封筒は紙製の封筒に比べると引き裂きの強度に優れているところが大きなメリットになります。

紙製の封筒の場合は少し力を入れて引き裂くことですぐに破れてしまい、その気がなくてもちょっとしたことで封筒が破れてしまうこともしばしば起こりますが、ビニール封筒の場合はよほど力を入れなければ破れないようになっていて、特に中に書類を入れているパンパンの状態であれば、まず破れる心配はいりません。


さらにビニール封筒であれば防水性に優れているため、持ち歩いている時に急に雨が降ってきても中身を汚す心配もありません。

紙製の封筒の場合は雨に濡れれば乾いても元の状態を維持できないこともあるし、雨の程度によっては中身を汚してしまう可能性も十分にあります。


ビニール封筒を使うメリットには外から中身を一見して判別することができるということがあり、これはある意味デメリットにもなりますが、用途によってはかなり大きなメリットになります。

例えばダイレクトメールを送るのにビニール封筒を利用する場合と紙製の封筒を利用する場合では、確実にビニール封筒を使った方が開封率が上がることになります。

これは明らかに一見して中身が見えるからで、多くの場合は自分に必要ないダイレクトメールが届いても中身を見ずに捨ててしまいますが、外側から中身が見えることにより、自分の興味を惹く文字や商品が見えると中身を開けてみたい衝動にかられることになります。

ダイレクトメールの開封率の高さは商品の売上に直結すると言われているので、これはダイレクトメールを送る企業にとってはかなり大きなメリットとなります。


掲載記事の参照元:http://www.jibrick.com/store/