メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

透明封筒の製造工程について

透明封筒とはその名の通りに透明で中身が見える封筒のことで、その製造工程はそれを製造しているメーカーによっても様々ですが、全て専門に造られた機械によって製造されています。

メーカーによって異なる機械を使用しているため、製造工程は異なりますが、一般的には材料になるロール状になっているフィルムを機械にセットして、大きさや厚さをカスタマイズしてスタートさせます。


透明封筒には既製品としてのサイズもたくさんあり、特注品にも対応できるようになっていて、細かい寸法を人間の手によって入力すれば、あとは機械が自動に透明封筒を作ってくれます。

これはセッティングという工程で、大抵は数センチ単位の間で選べるようになっていて、数値を入力して機械を作動させると、機械が材料のフィルムをその数値通りにカットしてくれます。

またその工程と同時に簡単な加工も機械が自動で行ってくれるので、基本的に人間は数字を入力するだけで大丈夫です。


透明封筒には穴開きのものやシール付きもものもあり、それらを加工する機能が機械に付いていない場合は、一旦透明封筒が完成した後で他の専用の機械で加工するケースもあり、その場合は人間の手が必要になります。

いろいろな加工ができるようになっている機械は当然値段も高くなるため、敢えて機能が少ない機械を最初に購入して、後から特別な加工ができる機械を買い揃えるという業者も多いようです。

また機械が新しければ新しいほど、値段も加工技術も高くなっていると考えて間違いないでしょう。


掲載記事の参照元:http://www.jibrick.com/store/commodity/info01.html